ヒゲ脱毛の痛みはあるのでしょうか?

ヒゲ脱毛の気になる痛みについて!

ヒゲ脱毛の痛みはあるのでしょうか?



ヒゲ脱毛を検討している人達で躊躇する点と言えば、費用の問題と痛みの問題でしょう。口コミ情報でも痛みの問題を指摘する意見もあります。ここでは、全身脱毛サロンでのヒゲ脱毛の痛みにスポットを当てて考えてみましょう。

私も痛いのは嫌だから、痛みに神経質になる気持ちは理解できます。 ヒゲ脱毛をする前に、大手の掲示板でスレッドを見ていました。 そこには初診でレーザーの試し打ちをして断念した男性の体験談が赤裸々に語られていました。

「私は痛くて我慢できなかったですね。あんな痛いことに耐えられるのかな」という内容でした。 この書き込みに対するコメントが私をヒゲ脱毛に挑戦する後押しになりました。 「この掲示板を見ている人達はレーザーの痛みよりも、もっと強い心の痛みを抱えているから我慢できるんだ」という意見でした。

私はこの書き込みに共感できましたし、今でもそのように思っています。 1回10分ほどの痛みを我慢するだけで、素晴らしい価値ある人生を手に入れることができるのです。 ヒゲ脱毛の治療を怖がって逃げていたら、ずっと自分のヒゲ面の顔が嫌いでコンプレックスになっていたでしょう。

心にトゲが刺さったまま辛い毎日を過ごしていたはずです。 肉体的な痛みは耐えられないことではありません。 <のど元を過ぎれば熱さを忘れる>のです。 過ぎてしまえば一瞬のことですが、心の痛みは一生ついて回ります。 四六時中ヒゲのことが脳裏によぎっているわけです。

常に誰か他人が自分のヒゲのことを馬鹿にしているような気になって辛いです。 自意識過剰かもしれませんが、人の目が気になって精神的にも不健康で、会話の中身に集中できなくなってしまいます。

ヒゲ脱毛には長所も短所もありますが、あなたはどちらを取るのでしょうか? 痛みのレベルは個人差があります。 よく例に出されるのが輪ゴムを伸ばして弾いたときの痛みです。

幼い時代に輪ゴムでのピストルをほっぺに当てた時にような痛みです。その人のヒゲの濃さによっても違いますが痛がりの人には耐えられないかもしれません。 私の場合は最初はビクビクしていました。

でも2回目からは充分に我慢できる程度のものでしたので拍子抜けしました。すぐに慣れる程度の痛みだと思います。最近では脱毛専門のクリニックを中心に麻酔を用意したりしていますから痛みの心配は不要でしょう。
鹿児島生協病院


家庭用脱毛器は自分のペースで気長に手入れができる

美容外科クリニックで施術するレーザー脱毛は<永久脱毛>と言われます。

しかしながら、実際は再発することも多いので美意識の高い女性は定期的に脱毛しているのが普通です。「ニードル脱毛(針脱毛)」は、半永久的に毛が生えない方法で、毛1本1本に電気を流して毛根を殺してしまう脱毛方法です。

ニードル脱毛は高額で一般的には普及していなく、日本では一挙に広範囲を脱毛できて安全な「光脱毛(IPL脱毛)」が主流になっています。脱毛エステサロンでも美容外科クリニックでも、完全に毛をなくすことは難しいので光脱毛を利用して毛を薄く細くするのが一番です。

そんな中で注目されているのが家庭用脱毛器です。ここでは、家庭用脱毛器の<家庭用脱毛器は自分のペースで気長に手入れができる>という魅力について解説します。

まずは【自分の好きなタイミングで好きなだけ自分のペースでムダ毛ケアができる】ことです。 脱毛エステサロンや美容外科クリニックと比較して、時間もかかりませんし気楽に使えてコストパフォーマンスもいいです。近頃話題になっている脱毛エステサロンは「予約がとりにくい」というデメリットがあります。

基本的に希望した日時で予約することは難しいです。夏場は特に混んでいますし、冬場でも大手人気サロンの場合は1週間程度ずれてしまって計画通りにいかないものです。

また、気になるのが「高飛車なエステシャンも多い」ところです。施術から予約までこちらの方が気を使わなければなりません。交通費・待ち時間・施術時間を考えても圧倒的に家庭用脱毛器の方が効率的でしょう。

次に【照射漏れが見つかっても気長にお手入れができる】ことです。脱毛エステサロンや美容外科クリニックで脱毛したつもりでいても、ホルモンバランスの関係で再び発毛することもあります。

家庭用脱毛器を使うまでは多少コストがかかっても店舗に行けばプロのエステティシャンや医師がキチンと施術してくれると思っていました。ですが、照射漏れはありますから、突然再発します。

そんな場合は数本のために数回の契約をして高額なお金を払うのでしょうか?こんなことをしていたら幾らでもお金がかかりますよ!自分が満足いくまで自分のペースで脱毛できる家庭用脱毛器はお勧めします。


ヒゲを自宅で処理する方法と病院で施術する方法

女性のみならず最近は男性も美容に気を使う時代になってきました。特にヒゲの処理に関しては注目されています。今回は<ヒゲを自宅で処理する方法と病院で施術する方法>について解説しましょう。

まずは【ヒゲを自宅で処理する方法】です。1番目は家庭用脱毛器を利用する方法です。 女性の場合のヒゲは細いですから家庭用脱毛器のレベル調整によって脱毛できるのは簡単だと思います。

しかしながら、男性の場合は敏感な顔に太い毛が生えています。とても低いレベルのレーザー照射では納得できる脱毛はできないでしょう。高いレベルのレーザーになるとお肌への負担も大きくなりますからトラブルの不安があります。購入される場合は、商品表示に「男性用ヒゲ脱毛」と記載がある脱毛器を選びましょう。

2番目はローションやクリームなどの脱毛剤を利用する方法です。イソフラボンが配合されているタイプの除毛剤が人気です。毛の除去ができて毛の発育を抑制し、毛を細くして抜けやすいようにする効果が期待できます。

お肌への負担も少なく安心して手軽に施術できるのがメリットです。しかし、家庭用脱毛器と比較して即効性は規定できません。除毛しながら毛質を変えつつ、美白効果もあるのでじっくりと時間をかけてもいいならばおすすめです。

次に【ヒゲを病院で脱毛する方法】です。美容外科クリニックや美容皮膚科では男性のヒゲ脱毛を目的とした来店が10年ほど前から増加しています。美容系の病院ですから健康保険の適用がなく自由診療での施術です。

男性の髭は男性ホルモンの影響が大きいです。男性ホルモンが多い人は太くて濃く範囲が広いヒゲになります。自己処理をしている人が多いのは、男性の場合は恥ずかしさもあってなかなか気軽にサロンに行けないからです。

朝ひげ剃りをしても夕方にはヒゲが生えてきます。日常生活でもひげ剃りは面倒な作業ですし、衛生的にも綺麗に見られることはありません。そんなところから「ヒゲ脱毛」のニーズが増えてきているのでしょう。

美容外科クリニックや美容皮膚科では効果的に脱毛する施術方法を幾つか持っています特に注目したいのが脱毛する場合の痛みに対応できる麻酔が使えることです。医師の管理のもとで施術しますから麻酔という医療行為が行えるのです。

脱毛サロンでは麻酔が使えませんから痛みに耐えなければなりません。麻酔が使える病院ならば痛みも少なく施術できるのはうれしいです。

以上、<ヒゲを自宅で処理する方法と病院で施術する方法>についてお話しましたので参考にしてみてください。