女性がワキ脱毛する場合のデメリットについて考える

光脱毛なら痛みも少なくお肌に優しいですよ!

女性がワキ脱毛する場合のデメリットについて考える

特に夏場は露出度が高いファッションが多いですからワキの下のムダ毛処理は気になります。 単純に生えていないだけではなくて、ツルンとした綺麗なワキでいたいのが女心です。 そこでベストチョイスになるのはクリニックやエステサロンでの脱毛だと思います。

ここでは、女性がワキ脱毛する場合のデメリットについて考えてみましょう。 まずは痛みがあることはデメリットになります。 医療レーザーでも光脱毛でも自然に生えている毛を強制的に抜き取るわけです。 多少なりの痛みは伴い、全然痛くないことはないです。

医療レーザーのワキ脱毛をするときの痛みで比喩的に言われるのは<輪ゴムで弾かれた程度の痛み>と表現されています。 もちろん個人差がありますし痛みの程度を数値で表すことは不可能です。 痛がりの女性ならば、もっと痛いと感じているはずです。

電気脱毛をする場合は毛根のひとつひとつに針をさし、高周波電流を流します。 ワキ脱毛の中でも最も痛みが激しい方法だと思います。 次にカミソリで剃る自己処理方法について考えてみましょう。

良い点は広い範囲のワキ脱毛が一度にできることです。 けれども剃った部分のムダ毛はすぐに生えてきます。 ワキ脱毛をしても効果が続かないという致命的なデメリットがあります。

次に毛抜きを使って1本1本丁寧に抜いていく自己処理があります。 良い点はカミソリで剃るよりも効果がある程度長く継続してくる部分です。 デメリットは激しい痛みが伴うことと、抜いた毛穴から雑菌が入ってしまって炎症が起きるリスクがあることです。 症状が酷い場合には外科的手術をしなければならない事例もあります。

次は脱毛クリームを利用してムダ毛を溶かしてしまう脱毛方法です。 痛みは感じませんが化学的にワキの毛を溶かすのでワキの下の皮膚にかかる負担は大きなデメリットです。 ワキ脱毛に関して共通して注意しておきたいのはアフターケアをしっかりとすることです。 お肌に異常があれば、すぐに美容外科や皮膚科などの医療クリニックに相談すると良いでしょう。