電気脱毛でワキ脱毛をする場合の基礎知識

電気脱毛はかなりの勇気が必要だと言われています!

電気脱毛でワキ脱毛をする場合の基礎知識

女性がワキ脱毛をする場合にレーザー脱毛や光脱毛が一般的です。 それ以外にも方法があり古くから行われていた方法が電気脱毛(ニードル脱毛)です。 ここでは、電気脱毛でワキ脱毛をする場合の基礎知識をご紹介いたします。

具体的な方法や痛みの程度などを中心にご説明いたします。 まずは電気脱毛の概要から始めましょう。 電気脱毛は別名ニードル脱毛とか針脱毛とは呼ばれています。

具体的にはワキ脱毛をしたいムダ毛の1本1本の毛穴に極細の針を刺して、そこに高周波電流を流し込んで毛根を死滅させてしまう方法になり、ワキ脱毛のように狭い範囲の脱毛には効果的な方法です。

レーザー脱毛や光脱毛の場合は日焼けをしてたら施術が不可能です。 しかし電気脱毛の場合はお肌の状態に関係なく確実に施術できる特徴があります。 問題は1本1本処理をする必要がありますから必然的に時間が長くかかることです。

施術時間のデメリットはありますが、一番大きなデメリットは<痛み>だと思います。 痛みについては個人差があって我慢強い人もいますし、痛がりの人もいます。 経験談などを参考にしてみるとチクッとした程度だった――こんな感想を持っている人もいます。

電気脱毛の一番のメリットは永久脱毛ができることです。 一度脱毛した部分から毛が生えてくることはありません。 休止期の毛が生えてくるので数回の施術は必要ですが、くり返すことに確実に永久脱毛できます。 時間と費用がかかることがマイナスポイントです。

最後に電気脱毛をする場合の注意点について説明しておきましょう。 その施術方法をご理解していただければわかりますが、ある程度ムダ毛が生えていなければ施術できません。

ですから夏の時期、露出が多くなるシーズンには施術しにくいことです。 非常に緻密な作業ですから施術する人にハイクオリティーのスキルが要求されます。 クリニックやエステサロンを選ぶ場合に実績があるところに決めるようにしましょう。 体験脱毛などをしている場合は、積極的に利用してみてはどうでしょうか。